EDR(Endpoint Detection and Response)でサイト管理!顧客情報も対応

インターネットが普及した現代では、会社や学校だけでなく一般家庭でも広くデジタルサービスを使う方が多くなりました。われわれの生活を支える新しいインフラという位置づけになったことから、庶民的なサービスも多数登場をしてます。一番多くのユーザーを抱えてるのがECサイトであり、お取り寄せグルメからスイーツなどを一度は買われたこともあるのではないでしょうか。この場合、最初に会員登録をして利用するのが基本です。

EDR(EndpointDetectionandResponse)というデータ処理ソフトを活用すれば、一度登録をしたデータはすぐに取り出すことができます。簡単にEDR(EndpointDetectionandResponse)のポイントをご紹介すると、必ずHTTPプログラムでアクセスをするのが特徴です。以前は暗号化はされていませんでしたが、情報の流出が世界的に懸念をされるようになり、EDR(EndpointDetectionandResponse)でも暗号化を基本としました。もともとはアメリカの政府機関向けの個人ファイルの処理に使用をしていましたが、いまはwebサイト運営に活用をされているわけです。

通販であれば顧客がどんなアイテムを好んでいるのかを分析することもでき、販促のアップと実施をおこなうこともできます。EDR(EndpointDetectionandResponse)は、自由にオプション設定もできるのが魅力です。